弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 離婚相談 > 男女で異なる弁護士への離婚相談

男女で異なる弁護士への離婚相談

男性が弁護士の元を訪れる事もあれば、女性が弁護士の元を訪れる事もありますが、同じ離婚の相談であっても、男性と女性では相談したい内容が若干異なっている事もある様です。

たとえば、専業主婦をしている人もいる女性が離婚をする時には、どうやって生活をするか、子供の世話と両立できるか、などを心配している事もある様です。

弁護士はいろんな相談を聞いてくれます。また、離婚が確定していない場合にも、実行すべきか現状の結婚生活を続けるかという事で相談する事もできます。

弁護士にこんな事を話していいのかと思うかもしれませんが、離婚についてはしっかりと話をしたいですね。離婚について弁護士が熱心に聞いてくれると、次に進めそうですね。

戸籍をどうするかの離婚相談

民法によって定められているため、婚姻を結ぶ時に夫婦は夫か妻のどちらの姓を名乗るか決めなければいけません。この時姓を変えずにいた方は離婚をしてもそのままの姓を名乗ることができますが、婚姻によって姓を変えた人は離婚後、婚姻前の旧姓に戻ることになります。

しかし仕事などの事情によって、離婚後も婚姻中の姓をそのまま名乗りたいという離婚相談があります。

実は婚氏続称制度というものがあって、離婚成立日から三ヵ月以内に戸籍法上の届を出せば、婚姻中に使っていた姓をそのまま名乗ることができるのです。離婚相談の際には姓をどうするのかということも決めておくと良いでしょう。

女性が離婚相談をするなら

離婚を考えているご夫婦は意外とたくさんいらっしゃいます。しかし、離婚は大きな決断になりますので一筋縄ではいきません。離婚はもちろん夫婦二人の問題ですが、話し合いが交わらなければ結論を出すことは難しいでしょう。そんなときに役立つのが、離婚相談です。

弁護士事務所で行なっていることが多いですが、なかなか踏み切るには勇気がいるでしょう。女性が離婚相談をするなら、できるだけ利用した方がいいでしょう。女性が離婚問題に勝つことは難しい場合がありますので、利用してみるといいでしょう。的確なアドバイスで決意することができます。

弁護士関連

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金