弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 過払い請求 > 債務整理の前に過払い請求

債務整理の前に過払い請求

債務整理とは借金の問題を解決する一つの方法の事です。解決策は主に任意整理、民事再生、特定調停、そして自己破産の4つがあります。専門知識がないと難しい部分もきっと多いでしょう。そのため、専門家に相談してみるのも良いでしょう。まずは専門家に相談して、自分に最もふさわしい解決方法を見つけましょう。

債務整理を行うと、結果として本来返済すべき金額が減る事があります。それには“グレーゾーン金利”が関係している事もあります。借金の利息は“出資法”と“利息制限法”という法律により、違った上限の金利が定められています。そこで、合法とも違法とも考えられるグレーゾーンの部分が発生してくるわけです。その中で、払いすぎの利息を過払い金として、金融機関に返済してもらう事ができます。詳しい内容については、専門知識や法律に関して知っている必要があり、個人では分かりにくい部分も多いのではないでしょうか。思い当たる人は一度専門家に相談する事をおすすめします。

多重債務者でもできる過払い請求

複数の貸金業者から、借り入れしているような人も中にはいるかと思います。そのような人の中には、毎月の返済に追われているような人も少なくはありません。利息分の支払いしかできないような人もいるようです。

いっこうに減らない返済額に頭を悩ませていることと思います。一つの解決策として、過払い請求をおすすめします。過払い請求に関しては、今までに自分が支払いすぎてしまった利息があるような場合には、返還される可能性があります。多重債務の返済に困っているようであれば、そのような方法も手段の一つとしてなりうるでしょう。

多重債務であってもできる過払い請求

お金の問題に関しては非常にデリケートな部分でありますので、なかなか他人に相談する事は難しいでしょう。しかしながら、1人でそのような借金の問題を抱えていると、なかなか解決できずに深刻化してしまうようなケースすらあります。

それであれば、法テラスなどの政府が用意した機関などに相談することも可能です。ほかにも専門の機関が無料相談に応じてくれたりするケースもありますので、1人で悩む必要はありません。多重債務の場合においては、過払い請求ができるようなケースもありますので、合わせて相談を行うようにしましょう。

借金返済に役立てられる過払い請求

あちこちから借り入れしているような状態を、多重債務と言いますが、人知れずこのような状態に陥っている人は多いようです。そのような場合には、返済も大変であることが予想されます。そのような人たちに提案したうのが、過払い請求です。

該当しているのであれば、借金返済に役立てられることができます。昔に借りた人は該当している傾向にもありますので、もしかしたら支払いすぎた利息分を取り戻すこともできます。借金の返済に当てることで返済が楽になりますので、調査して損はないでしょう。法律家である弁護士や司法書士においては、スムーズに過払い金の調査をおこなってくださいますので、確実に請求することができるでしょう。

必要な過払い請求の手順を知る

過払い請求を行う場合には、先に弁護士に相談するなどして、取立てを止めてもらうことも大事です。過払い金の請求が終わらない限り、支払いを行わないように設定しないと、最終的に過払い金の金額が変わってしまいます。

多重債務の場合は、借金を抱えている会社に対して、全ての会社に請求の取り立てを止めさせて、過払い金返還請求を行いますという通知を送ってもらいます。その上で、過払い請求に関連する相談を行いながら、交渉によって本来支払わなくても良い金額を返してもらうのです。最終的に過払い金が支払われて、いい金額が返ってくればメリットが得られます。

債務整理や過払い請求関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金