弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 債務整理 > 債務整理は弁護士と相談

  1. 債務整理は弁護士と相談
  2. 債務整理のひとつの任意整理で借金清算
  3. 債務整理には4種類あります
  4. 債務整理の中で最も多い任意整理について
  5. 弁護士などに債務整理の相談

債務整理は弁護士と相談

中には裁判所を通して手続きを行わないといけないものも債務整理の中に含まれます。

裁判所に提出しない書類というのは特に注意しないといけません。不備や間違いなどがあると、手続きを無事に終える事ができません。

書き直して再度提出していると、受理されるのが遅くなってしまいます。弁護士などの法律家に行ってもらうのであれば、すべてやってくれるのでいいでしょう。

しかし、自分で行う場合には注意しながら進めたいですね。更に債務整理で提出すべき書類は一種類だけではなく、何枚もありますので忘れる事がない様にしたいですね。

また、交渉が必要になる場面もあるため、できれば法律家を利用するのが好ましいと言えるのかもしれません。

債務整理のひとつの任意整理で借金清算

債務整理の方法として任意整理というものがあります。任意整理を活用する多くに、複数の貸金業社からの借り入れがある、多重債務の状態であることが考えられます。司法書士、または弁護士に相談することが必要になりますが、支払いの終わった金額と業者名を古い順に洗い出しすることから手続きがスタートします。

払い続けた金利を差し引き計算して過払い金請求をしたり、業社との交渉で、返済額の減額や返済期間の引き伸ばしを行ってもらうことで、負担を軽減し、生活に影響の出ない金額で返済を続けることができます。一人ひとりに合った債務整理の方法を見つけて行うことができます。

債務整理には4種類あります

債務整理は、お金に関わる問題を、司法書士や弁護士など法律の専門家に依頼して解決を図ることです。その方法には大きく分けて、任意整理、過払い金請求、個人再生、自己破産の四つの種類があります。債務整理の中で一番利用されている方法が任意整理です。

これは代理人の司法書士などが貸金業者と直接交渉して、返済金額を月ごとに問題ない金額に減額することです。利息や遅延損害金の減額等の交渉を行うケースが多いようです。次に過払い金請求は、返済した借金について、払いすぎた利息を債務者に返還するよう求めることです。また、個人再生は裁判所を通じて借金を減額、個人破産は裁判所を通じて借金を免除してもらうものです。

債務整理の中で最も多い任意整理について

債務整理の中でも任意整理はよく利用されています。どのような手続きなのかというと、債権者と弁護士などの専門家が返済方法や返済額について交渉し、問題なく支払いを続けられるよう合意させる手続きです。

消費者金融と高金利取引をしている場合は、支払い過ぎた利息を元本に充当することで、借金額が減らせます。そして再計算後に、将来の利息はカットした借金を分割払いにする交渉や、一括返済するので元本を減額して欲しいといった交渉をします。将来の利息カットは可能であることが多いですが、一括返済による減額は認められないこともあります。また、任意整理を行うと、しばらく借入ができなくなるのでその点も注意です。

弁護士などに債務整理の相談

日々節約をしながら、借金の返済をしていても、なかなか厳しくさらに借金をして返済するという悪循環に陥ります。そうなるとなかなか借金の完済は難しくなります。そこで、任意整理といった債務整理をする事によって、借金生活から安定した生活を取り戻すことができます。

債務整理は弁護士や司法書士などが金融機関と話し合い、借金の減額や分割での支払いの期間をのばしたりして、債務者の返済負担を少なくします。しかし、それでも返済不可能の場合は、自己破産という方法もあります。自己破産はデメリットも多いので、返済が大変という場合は、早目に弁護士などに相談しましょう。

債務整理や過払い請求関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金