弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

完済後に行う過払い請求

借金の返済中に過払い請求を行う事もできますし、または完済後に行う事もできます。

返済中に手続きを行うと、金融機関には返済が厳しいのかなと思われてしまう事もあるかもしれません。返済するまでは金融機関との間でぎくしゃくする事は避けたいというのであれば、完済後に行うといいでしょう。

完済していれば、再度借り入れするなどした場合を除いて、その金融機関と取引を行う事もありません。気まずくなってしまう事もありませんね。

しかし、過払い請求を行ってしまうと、再度借り入れを行うという事ができなくなってしまう可能性が非常に高くなってしまいます。また利用する予定がある場合には、手続きを行わない方がいいかもしれません。

過払い請求はかなりギリギリの調整をする

過払い請求を考えている人で、弁護士を利用している方にとって、弁護士の方がどのような方針を採用しているのか知っておくことが重要です。同時に、過払い金をギリギリまで返してもらえるように、交渉を進めてもらうようにお願いしてください。

実は過払い金というのは、借金を返している会社がある程度の主導権を持っています。過払い金を返したくないけど、請求されている以上仕方ないと判断して、目安となる金額を提示しています。もっと返して欲しいと思っているなら、弁護士を通じて過払い金をさらに返してもらえるようにしましょう。特に多重債務の場合は、多くの金額を返せるチャンスです。

過払い請求って任意整理にあたるって本当?

多重債務者の過払い請求が任意整理にあたるというのは本当なのでしょうか?もし本当なのでしたらそこまでのリスクをしょって過払い金を取り戻す必要があるのかどうかをまず判断しなければならなくなってしまいますよね。

実は過払い請求が任意整理にあたるのは現在返済中の人だけで、完済している人には関係ありません。完済している人は請求をかけた方が絶対にお得なのです。ただし現在返済中の人は今後の返済に関しても借り入れ先との間に問題が生じてしまう場合がありますのでできれば完済してから請求した方がいいのですがどうしてもという場合には弁護士に相談してみましょう。

過払い請求はした方がいいの?

最近テレビやラジオでもよく耳にするのですが過払い請求…多重債務だった人はした方がいいのでしょうか?逆にしないことによってなにか罪になったりするのでしょうか?まず請求をしなかったからといって罪になるようなことがありませんので安心してください。

ただ本来自分のお金で支払わなくてよかった分が戻ってこないということになりますので損をしているといえば損はしています。そのため時間があるのであればしっかり請求した方がいいです。ただし今まさに返済中の人に対しては必ずした方がいいということが言えません。なぜならば返済中の過払い請求に関しては債務整理に当たるので今後の生活に大きな支障が出てくることになります。

過払い請求をする時に必要なもの

多重債務の返済が終わった人で、自分に過払い金があるのがわかったので過払い請求をしようと思った際に、一体何が必要になってくるのでしょうか?もし必要なものがあるのでしたら事前に用意しておかなければならないですよね?

まず借り入れをしたときの書類などですが、こういったものは一切必要ありません。すでに完済してから結構時間が経ってしまっており、全てそろえるのが難しい人もいますよね?しかし安心してください。書類は特に必要ないのです。どこからどれくらい借りていて、完済したかどうかだけわかればそれで充分なのです。

債務整理や過払い請求関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金