弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

過払い請求で利益が少なくなる事もある債務整理

消費者金融の債務整理などでは、顧客に貸したお金が戻ってきた際に利子の分だけが会社の利益となります。以前は過払い金が含まれた利子を顧客に対して支払う様に要求している所が多かった様です。

しかし、法律が変わってから過払い金は認められなくなり、利子の金額が少なくなり得られる収益は少なくなりつつある様です。

更に、過払い請求が世間的に知られる様になり、余分な利子を払い戻してほしいという依頼を弁護士を通して行う人も多く、過払い請求に応じざるを得ない状況にある金融機関も多いようです。

そうなれば金融機関が得られる利益は少なくなってしまいます。利益が減ってしまうと、経営に良くない影響を与える事もあるでしょう。

債務整理の中でも知っておきたい任意整理のこと

自己破産、任意整理、個人再生といった借金に対する解決方法は複数ありますが、まとめて債務整理と呼ばれます。比較的借金額は少なめではあるが、今のままでは支払うのが困難になってしまった、というときに採られる方法が任意整理です。

弁護士などを仲介にして、貸し手と交渉を行い金利や利息の額を減らしたり、過去に返済した借金の利息に払いすぎがないか調べ、返金請求をしたりすることで、今後返し続ける負担を減らしていく手法となっています。債務整理を行うには、専門家の力を借りることになりますので、選ぶときは慎重に行いましょう。

債務整理の種類について

債務整理は、法律的な立場から合法的に借金を減らすためのもので、任意整理、過払金請求、個人再生、自己破産の4つの方法があります。任意整理は、司法書士が債権者と交渉し支払いが可能となるような今より良い条件の合意を成立させる手続です。

全ての債務整理の中で一番よく利用されます。過払金請求は過去に払い過ぎた利息の返金を求めるもので、近年CMでもよく目にします。個人再生は裁判所に債務を減額してもらう方法で、家を手放さずに行うことが可能です。自己破産は個人再生に対して全ての債務を裁判所に免除してもらう方法で、住居など価値のある財産をすべて手放すことになります。

債務整理は借金問題の解決方法

借金問題を解決するための方法として、任意整理などの債務整理があります。個人でも手続きをすることもできますが、膨大な時間と労力がかかってしまいます。そこで弁護士等の専門家に手続きを依頼すれば、迅速に対応してくれます。

依頼をした後は、ローン会社との交渉や書類の作成等はすべて専門家が代行してくれるため、わずらわしい手続きは不要となります。デメリットとしては、場合によって、ブラックリストに載ってしまい、しばらくの間借金ができなくなる可能性がありますので、債務整理を行う際は十分に注意することが必要となります。

債務整理の3つの方法

債務整理は個人の借金を整理する手続きの総称で、任意整理、個人再生、自己破産の3種類があります。任意整理は、弁護士などに依頼して貸金業者と交渉し、利息の減額や支払方法の変更により分割返済での和解を成立させる手続きです。

裁判所を介さないのでデメリットが少なく、最も多く行われます。個人再生は、裁判所に申し立てて借金の一部を3年で完済することを条件に、残りの借金返済を免除してもらう手続きです。継続した収入があることが条件ですが、住宅を手放さずに借金の返済が可能です。自己破産は、裁判所に破産を申し立てて、認定されれば借金の全額が免除される手続きです。借金もなくなりますが、財産も全て失います。