弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 過払い請求 > 過払い金請求も同時に行われる事が多い債務整理

過払い金請求も同時に行われる事が多い債務整理

普通は債務整理を行うのであれば、弁護士などの所に行って借り入れの状況などを詳しく説明し、また借り入れの証明ができる書類などを提示して、そこから債務整理の中のどの方法を利用するのか、債務者にとってベストだと思われる方法を導き出します。その時によく行われるのが過払い金請求です。

過払い金請求は法律で定められた上限金額を超す利子が設定されている場合に、払い戻してもらう様に要求する事ができます。

この件についは債務者に特に問題があるという事でもありません。少しでも返しやすくする方法として一番に行う事が多いそうです。

弁護士が借り入れを正確に把握する事ができれば計算ですぐに過払い金の有無を把握できます。

返済が苦しい時は債務整理

借金の返済が難しいと自己破産を考える人もいるでしょう。しかし、自己破産にはデメリットがあります。まず、5年から10年程度カードやキャッシングが利用できなくなります。また、官報に名前や住所が載り、金融業など一部の職種によっては就職しづらくなる可能性があります。

自己破産者の返済義務は無くなるものの、連帯保証人がいればそちらに請求がいくため、迷惑をかけてしまいます。そして、生活に必要な道具や一定額の現金を除き、車や家などの財産は没収されます。このように、自己破産にはリスクもあるのです。まずは弁護士に任意整理を依頼しましょう。借金の減額や返済期間を延ばして債務整理を行う方が良い場合もあります。

債務整理で苦しみから前向きになりましょう

債務整理ときくと、借金で首が回らなくなった人が行う最終手段というイメージがありませんか?普段のショッピングでのカード払い、車のローンなどで月々の出費が生活費を圧迫する、いわゆる赤字の悩みも債務整理で負担を軽くすることができるのです。

任意整理は、今の収入に合った返済額にすることが可能です。つまり法的手段のような厳しい難しいものではなく、ご自分の余裕を主張し完済まで安心して返済していけるのです。これまで返済日に間に合わずローン会社にご自分で電話をしたり、やりくりで苦労していた方も安心してください。ご自分で債権者と直接やりとりすることなく、手続きを行えます。

生活再建のための債務整理

生活再建のための手段として債務整理があります。その方法としては、任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。任意整理は弁護士や司法書士によって裁判所を通さないで債権者と交渉する事によって借金を減額して分割で支払うようにする事です。

特定調停、個人再生、自己破産は裁判所を通して債務の減額や免除をしてもらう事です。債務整理を利用すると、債務の減額や免除が可能になり、今の毎日の債務に追われる生活が楽になりますが、代わりに信用情報に数年間登録されるので、クレジットカードや金融機関からの借り入れが出来なくなることも知っておくことが大切です。

債務整理で生活を見直して下さい

多重債務の場合、借り入れした会社によって返済日が違うということも珍しくありません。次はどこでいくらだっただろうと、常に頭の中が返済のことでいっぱいになっていませんか。そんな状況を改善するために、思い切って債務整理をしてみてはいかがでしょうか。

中でも、任意整理は比較的手続きが簡単に行えます。債務整理を行うと、支払い過ぎた利息分が返還されたり、借金が減額されたりと、さまざまなメリットがあります。しかし、一番のメリットは、自身の精神と生活の安定を取り戻せる事でしょう。任意整理手続きをした段階で取り立ても中断されるため、督促の連絡でストレスを感じていた人にはこれだけでも大きな利点といえるでしょう。

債務整理や過払い請求関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金