弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 債務整理 > イメージが独り歩きする自己破産

イメージが独り歩きする自己破産

これまでに、自己破産を行った経験があるという人はそれほど多くはないと思います。また、自己破産というのは恐れる人も多く、自己破産をすると、こうなるのではないか、ああなるのではないか、という事でイメージだけが独り歩きしてる部分もある様です。

しかし、自己破産というのは、法律家がみても、行き詰っており、他に手段はないという時に行われます。究極の方法であるために、気軽に行う事はできません。

また、裁判所の許可が必要ですので、本人に問題があったと判断された場合には自己破産の許可が下りない事もあるそうです。正しい事を知って、過度に恐れる事はなく、しかしこれを最大限に回避する努力をしたいですね。

本当に困った時に債務整理も必要

債務整理には、個人再生や自己破産などの手続きもありますが、任意整理もこの中の一つになります。裁判所へ出向き、裁判所関与のもとで手続きが進む個人再生や自己破産と違い、裁判所を通さずに手続きができるため、依頼者の負担も少し軽いと言えます。

また家族に知られることなく任意整理をしたいという依頼者も多く、弁護士も配慮した手続きをすることも多いです。債務整理のメリットの一つに支払い義務の一旦停止、将来利息の免除が出来る可能性などもあり、金銭、精神面での負担軽減も大きなメリットと言えます。新たなカード作成不可のデメリットも「もう借金をしない」と心に決めたことを守れたという自信にも繋がるはずでしょう。

債務整理、過払い請求関連

債務整理は自己破産だけじゃない

債務整理といえば自己破産が有名です。負債額に関わらず返済義務が免除され、借金から解放されることが出来る反面、家や車など財産を手放さなければいけません。一生かかっても払いきれない額なら非常に魅力的な手段ですが、そうでない場合には代償が大きいので、手続きも比較的容易な任意整理から検討することをおすすめします。

裁判所を通さず、債権者に利息の免除や3年前後の分割返済などを交渉します。また、過払い請求が発覚した場合には、返還請求を行うことも出来ます。少しでもお金が戻ってくれば、今後の生活や返済の足しになりますので、遠慮せずに回収しましょう。

利用人口が多い債務整理

債務整理の中でも利用人口が最も多いのが、任意整理です。元金は3年を目処に分割で返済していくので、これから払う分の利息は免除してほしいという交渉を直接債権者にします。債権者側としては、利息分は損をしてしまうものの、少しでもお金が戻ってくる方が良いと判断して、利息分を免除することによる借金の減額を認めます。

しかし、最近任意整理に応じてくれないところも増えているため、債務整理交渉の実績が豊富な弁護士に依頼することが重要になります。自己破産などと違って裁判所を通す必要がありませんので、法的には個人での交渉も可能ですが、専門家に任せた方が成功率は高まるでしょう。

債務整理で借金を減らす

債務整理は借金問題などを司法書士や弁護士に依頼し、債務者と交渉して利息カットや払いすぎた利息の返還、借金減額や支払いに猶予を持たせたりする手続きのことです。債務整理には4つの手続きがあります。まず過払い金の請求で、払いすぎたお金を計算し貸し金業者に返還請求する手続きです。

任意整理は借金の減額や金利を交渉し、毎月の返済金を減額して返済できるようにする手続きになります。民事再生は自己破産を避けたい人がとる方法で、その自己破産は上記の手続きをしても返済が難しい人が最終的にとる方法と言われています。専門家に相談や依頼をすることで、借金の督促を止めたり、過払い金の有無を調査してくれます。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金