弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 交通事故 > 交通事故相談 > 交通事故相談

交通事故相談

時に金額がそれほど大きくない場合には、司法書士の所でも交通事故における慰謝料の相談を受け付けている事もある様ですが、病院での治療費などかなり高額な金額の場合には、司法書士ではなくて弁護士の所で交通事故における慰謝料の相談をするといいかもしれませんね。

弁護士は金額などに制限なく、相談する事ができます。また、この様な案件を多数解決しており、実績が豊富な人であれば、安心して相談する事ができそうですね。

時には加害者と被害者の間で、非常に険悪な関係になってしまう事もありますので、できる限りお互いが満足できる様に解決する事が求められます。時には当事者以外の専門家が求められる様です。

交通事故相談で気になる慰謝料の事例

怪我をしても、保険に対する知識がないので、保険会社の言うとおりにすると、高圧的な態度で、すぐに症状固定で打ち切られ、身体は元に戻らず、仕事を辞めなければならない状態になります。我慢して、働ける状態ならいいのですが、治らない人が、ほとんどです。

当然、打ち切られた後の治療費は、自腹です。弁護士の先生等に相談して、少しでも慰謝料が多くもらった方が、将来の治療費で、助かります。弁護士の先生等が、介入すると金額が増える場合もあります。交通事故相談で得られる慰謝料の事例として、逸失利益です。身体の痛みでしんどいのに、自分1人で抱えこまず、専門家に相談すると、自分の精神も楽になります。

交通事故関連

交通事故相談の利用が賢明

万が一交通事故にあったら交通事故相談を行いましょう。保険会社も親身になって相談に乗ってくれますが、慰謝料の支払額についてはシビアに判断および決断してきます。結果思ったより少ない、事故によって世帯主などが被害にあってしまったら生活もままならないこともあります。

そんな時は交通事故相談に相談することで事故にあった時の被害部位や等級などにより過去の事例に基づいて的確なアドバイスをしてくれます。また保険会社と違うため、少しでも交渉に成果を出そうとしてくれる姿勢が自分に味方がいるのだと安心できるという精神的なメリットもありますので活用すべきだと考えます。

交通事故相談に関するメリット

交通事故にあってしまった時にほとんどの方が保険会社に任せようと思っていると思いますが、その保険会社は加害者の加入している会社になるので被害者の味方にはなりません。しかも独自の支払基準に基づいて被害者の慰謝料や賠償金を裁判所で認められる金額よりも低い示談金額が提示される事もあります。

そこで交通事故相談を弁護士に依頼すれば裁判基準で賠償金を算定して請求するので、十分な金額を受け取る事ができます。示談交渉など、相手とのやり取りも行なってくれるので不快な思いをすることなくトラブルも回避できます。示談金額も倍になっている事例もたくさんあります。

交通事故相談はどうすればよいか

現代社会では車の需要が多く毎日、交通事故が起きています。もしもの場合、あなたは交通事故相談を誰にしますか。任意保険に入るのはあたり前という方が多いと思いますので、保険で対応すれば大丈夫だという認識の方が多いでしょうが、被害者となった場合はさらに慰謝料について弁護士に相談してみるという方法もあります。

任意保険に入っているといっても、被害者の場合は基本、相手側と自分で交渉する事になります。ケガをした上に時間のかかる交渉もとなるとかなり大変です。その点、弁護士に依頼をすれば、面倒な交渉はお任せできますし、慰謝料が大幅にアップした事例も少なくありません。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金