弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 交通事故 > 交通事故弁護士

交通事故弁護士の必要性

あなたは交通事故にあったことがありますか。一度でも交通事故にあったことがある方はその理不尽さに驚きと戸惑いを覚えることでしょう。何故そのような事態に陥るのでしょうか。それは道路交通法がいわゆるザル法と言われることに由来します。

つまり、解釈次第でどうとでも捉えることができるということです。それが故に、事故における対応にはそれ相応の知識が求められます。しかし、一般人にはなかなかハードルは高いのが現状です。そこで、交通事故弁護士の力を借りるのがベストな選択肢といえるでしょう。事故は当然金銭の支払いが絡みます。事故に巻き込まれたら、速やかに交通事故弁護士に相談することが最善の事故対応です

交通事故弁護士を知っておくと便利

交通事故弁護士という言葉を聞いた事がありますでしょうか。最近は任意加入の自動車保険の中にも弁護士費用特約があるものも多い為、それなりにイメージできる方もいるかと思いますが、加害者側だけではなく、実は被害者となった時こそ、交通事故弁護士に交渉を依頼した方がいいのです。

被害者で自分の負担が無いからと相手側の言う通りに対応していてはいけません。被害者としての交渉を弁護士に依頼する事により示談金の金額が倍以上になるという事も珍しくありませんし、それ以上とケースも実際に発生しています。示談金が多く貰えるだけでなく、弁護士に依頼する事でよけいな時間や気遣いをしなくて済む点もメリットです。

交通事故関連

交通事故弁護士の仕事

弁護士というと、敷居が高かったり、あまり馴染みがなかったりする印象があるかもしれません。しかし、交通事故といった、現代社会においては誰でも遭遇し得る事態においても、弁護士は活躍します。交通事故の場面で活躍する交通事故弁護士は、交通事故の加害者、被害者を問わず、事故の当事者に代わって事案の解決を目指します。加害者側の弁護士は、被害者との示談をまとめたり、刑事裁判になったときに加害者を弁護したりします。

被害者側の弁護士は、補償を受けたりする被害者の正当な権利を守るために活動します。このように、交通事故といった身近な場面にも、弁護士の活躍の場はあるのです。

交通事故弁護士で役に立つ人

弁護士には得意分野があります。民事事件に強い先生、刑事事件に強い先生、示談交渉に強い先生、いろんなジャンルで力を発揮しています。法律事務所は会社組織とちょっと違い、組織全体でいろいろな仕事に対応する大事務所もありますが、普通は少人数の先生が事務所を形成しているので、その事務所のメインとなる交通事故弁護士の得意分野がその事務所の得意分野になります。

サブの弁護士は事務所で勉強しながら育っていくのでメインとなる弁護士の影響を強く受けるので、得意分野も似ています。どの事務所がどの分野を得意としているかは一般のお客様には分かりにくいので、弁護士会の推薦や一般相談で選択することが多くなります。

交通事故弁護士には必ず依頼

交通事故の事故処理はいやなものです。そのなかでも嫌なのが損害額の認定、補償金の話です。通常は、事故を起こした当事者の代理人である保険屋さんが話を着けてくれます。

ここで決定された損害額、補償金には誰しも不服不満であるけれども、過失割合などで自分にも非はあるのだと説得されていることもあり、しかたなしに了承するというのが常だと思います。しかし、任意保険に弁護士特約というのが付随しているのをご存知だと思います。この特約を利用することにより費用無しで交通事故弁護士さんにお願いすることにより、より高額の補償金を得ることができるのです。絶対、利用しましょう。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金