弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 過払い請求 > 破産後にもできる過払い

目次

破産後にもできる過払い

実は過払いというのは破産した後に行う事もできます。破産宣告をすると、後は新しい生活を始めるだけだという人もいます。

実際にはローンを組んだり、カードを使用したりする事もできず、経済的に苦しく感じる人も多く、貯金ができる様になるまで時間がかかる事もある様です。

そんな時に過払いを行って、少しでも手元にお金が戻ってくると、かなり助かる事もあるのではないでしょうか。過払いを行ってでも、早く元の生活に戻る事ができればいいですね。

過払いをまだ行っていないという人は、早速着手したいですね。もし、破産を行った後に過払いを行う事を忘れてしまっている人がいれば、ぜひ教えてあげたいですね。

大阪で弁護士事務所を探すなら「弁護士 大阪」でググりましょう。

相談したい過払いの相談を行う弁護士

ハードルが高いと感じてしまう事もありますが、過払いの相談を行う弁護士は気軽に利用する事ができます。過払いの相談を行う弁護士に対応してもらいたいという場合には、話を持ち掛けてみるといいでしょう。

自分だけでは対応できない事でも、過払いの相談を行う弁護士だからこそ、可能な事もあるかと思います。

前に進む事ができない状況にあったとしても、過払いの相談を行う弁護士を利用する事で、解決が近づく事もあるでしょう。

過払いの相談を行う弁護士に依頼する事ができれば、後は必要な手続きを進めてくれますので、返事を待つ事になるでしょう。知らない間に支払い過ぎた費用を取り戻せるといいでしょう。

過払い請求は任意整理にあたるの?

多重債務の人の過払い請求は任意整理に当たるのでしょうか?実はすでに返済が終わっているのか、まだ返済中なのかによってその状況は大きく変わってきます。

もし返済中なのでしたら過払い請求をすると任意整理にあたります。

しかしもしすでに返済が完了しているのであれば特に何も問題はありませんし、任意整理にもあたりません。

現在返済中で請求をかける際には借り入れ先との関係がこじれてしまいやすいのでできれば避けた方が無難なのですがどうしてもということでしたら事前に弁護士に相談することをお勧めします。本当に今がベストタイミングなのか教えてくれます。

大阪で過払い請求をする弁護士事務所を探すなら「過払い 大阪」で弁護士を探せ!

債務整理、過払い請求関連

過払い請求ってどういう人が対象なの?

過払い請求という単語をよく耳にするようになってきましたが、一体どういった人が対象になるのでしょうか?

多重債務をしていた人が全員対象になるのでしょうか?実は多重債務を抱えている人・いた人全員が対象なわけではなく、その中でもこういった条件に該当する人というのが決まっています。

まず本来支払わなくていい利息分を支払っていた人です。最近ではかなり利息について法律も厳しくなってきましたが少し前までは貸す側にゆだねられたいたところがあります。

法外な利息を支払っていた人たちがいるのです。そういった人たちの助け船として出されたのがこちらの法律です。

過払い請求は返済してから何年までできるの?

過払い請求というのは多重債務がなくなってから一体何年まで請求することができるのでしょうか?

すでに支払い何年か前に終わってしまっているので、もう請求できないのではと思い何もしていない人も多いのではないでしょうか?実は過払い請求というのは返済が完了してから10年未満であれば請求することができます。

そのためかなり前に返済が完了してしまっているという人も一度自分の借金ともう一回向き合ってみませんか?もしかしたら100万円以上の返金がみこめるかもしれません。

ためしにどれくらいあるのか聞いてみる価値はあります。

過払い請求する前に確認してみよう

過払い請求をする前に自分が一体いくらくらい過払い金があるのかを知っておいたらより依頼しやすくなりますよね?

自分で計算する方法もあるのですが、多重債務になるほど計算が複雑になってきますので自分で計算して間違えるよりは専門家に相談して、しっかり計算してもらいましょう。

しかし計算してもらうのにもお金がかかるのではないか?と不安になる人もいるでしょう。そこでおすすめなのが電話無料診断です。

こちらは電話するだけで自分に一体いくらくらいあるのかを調べてくれるものです。借り入れ先、年数、金額などを伝えるだけですぐに教えてくれます。

弁護士以外にも相談できる過払い

どの様な問題であっても扱う事ができる弁護士はもちろん、過払いに関する相談をする事もできます。しかし、弁護士以外で過払いについて相談できる法律家もいます。

時として、司法書士が過払いを扱う事もありますが、弁護士とは仕事をする上で大きな違いがあります。弁護士は金額に関係なく過払いの対応を行う事ができます。

しかしながら、司法書士は扱う事ができる問題に制限があります。また、返済におけるトラブルを抱えている場合などには、弁護士の方が好ましい場合もあるでしょう。過

払いの相談をする際は、どちらに相談するのかという事を検討する必要があります。法律相談を利用して解決を目指しましょう。

過去の過払いについて弁護士相談

現在返済を行っている借入に対する過払いだけでなく、過去の取引についても弁護士相談を利用する事ができます。

過去の過払いについて弁護士相談する事もできますが、時効を過ぎていない事が大事となります。

また、過去の過払いについて弁護士相談したいという場合には、記憶が曖昧であったり、忘れてしまっている事もあるかと思います。

しかし、その様な場合の過払いであっても、弁護士相談する事によって、取引履歴の取り寄せから行ってもらう事ができますので、わからなくても解決できる事もあります。

また、複数の借り入れに対して、過払い金が発生しているケースもありますが、同様に弁護士相談する事ができます。

リボ払いの女

リボ払いについてわかるマンガです。

公開日:2017/04/17

債務整理、自己破産したらどうなるの?って質問に経験者が答えます

債務整理、自己破産したらどうなるの?って質問に経験者が答えます。

公開日:2019/01/30

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金