弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 交通事故 > 交通事故相談 > 交通事故が発生しやすい場所

交通事故が発生しやすい場所

広い道で大きなトラックなどがたくさん行き交う様な場所もあります。

しかし、交通事故というのはその様な場所ばかりで発生しているのではないようです。

自宅のすぐ近くで大きな交通事故に巻き込まれる人も多い様です。油断や侮りなども関係しているのかもしれませんね。自宅が近くなると周辺の道も把握しており、安心します。

後少しで自宅だという事で、早く帰りたい時にはスピードを出し過ぎてしまう事も考えられます。

また慣れで不注意となってしまう事も考えられます。交通事故を防ぐためにも、どんな場所であっても常に侮る事なく、人が飛び出したりする可能性があるという事を忘れてはいけません。

交通事故慰謝料の種類

交通事故慰謝料には複数の種類があります。分類すると入通院慰謝料、死亡慰謝料、後遺障害慰謝料などの3つに分けられます。

軽い人身事故なら自賠責保険の範囲内で示談を勧めるのが、任意保険会社の対応として一般的です。しかし、3種類の交通事故慰謝料のほかに、3種類の査定基準もあります。自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準です。

裁判所基準が一番高額になるケースが多いです。そのことを説明する保険会社は意外にも少ないといわれているので、交通事故弁護士を頼ることで、過去の事例を基にした適正金額を提案してもらうことができます。

最初の提示額より多い交通事故慰謝料が受け取れるかもしれない

弁護士を通じて交渉をしたら、最初に提示された額よりも多い交通事故慰謝料を受け取れたというケースは珍しくありません。何故かというと、交通事故慰謝料の計算には3つの基準があるからです。

自賠責基準や任意保険基準と比べ、過去の判例をもとに計算をする弁護士基準は高額になりやすい傾向にあり、場合によっては数倍の差がつくこともあります。交通事故弁護士に手続きを依頼すれば煩雑な手続きや交渉も一任できるため、怪我の治療に専念することができますし、充分な慰謝料を受け取れると、心にもゆとりが生まれます。スムーズな解決には直後の対応がものをいいますので、もしも事故に遭ってしまったら速やかに相談しましょう。

交通事故慰謝料は減額が難しい

減額というサービスは、お金を使う者なら行っていきたいと感じる方もいでしょう。ただ、交通事故慰謝料については、減額することがかなり難しいです。しかも、減額というのは、相手に対して失礼な行為でもあります。

交通事故を起こしているのに、慰謝料の減額を希望しているのは、思っていた以上に悪い人だなと感じさせてしまいます。交通事故慰謝料を提示している場合には、事例によって問題が大きいと判断しているなら、予想以上にお金を払うものと考えてください。弁護士が提示している情報などを踏まえて、支払うべき慰謝料の金額を考えておきましょう。

任意保険基準で支払われる交通事故慰謝料

交通事故が起きた際に必要になってくるのが、交通事故慰謝料です。一般の人には知られていませんが、この慰謝料の金額を決める際に基準となるものが三種類あります。どの基準においても認められているものでありますが、受け取れる金額については大きく差が出るようなケースもあるようです。

そのなかで、任意保険に関してはそれぞれの保険会社が設定する金額になりますので、オープンにされていません。弁護士基準よりも低く、自賠責保険の基準よりも高いことがいわれています。いずれにしても、交通事故の慰謝料に関して詳しい交通事故弁護士に依頼することで、基準をあげることも可能になってくるでしょう。

交通事故関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金