弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 交通事故 > 交通事故相談 > もし交通事故に遭えば

もし交通事故に遭えば

万が一、自分の身に交通事故が発生すれば、ただちに事態をよりよくするために力を尽くしたいですね。まずは怪我人の有無を確認する事です。

大けがをしている人がいるならすぐに救急車を呼ぶ様にしましょう。救急車が来るまでの間に、けが人の手当てなどどうすればいいか分からない事もあるかと思います。

その様な場合には、救急車を呼ぶ時にどうすべきか尋ねるのもいいかもしれませんね。

また、可能であれば車両を通行の邪魔にならない様な場所に移動させる事も行っておきましょう。そして、警察を呼んだりする事も必要でしょう。

交通事故に遭えばきちんと対応する事が大事になってきます。

自分が交通事故に巻き込まれた場合は、その後の対応で弁護士の力が必要になることがあるかもしれません。

もしもの時のために相談に行ける弁護士事務所を調べておくと慌てず対応できるでしょう。

交通事故相談の窓口で迅速に対応

交通事故相談はやはり警察の相談窓口にするのがまずベストだと考えられます。事例として事故後、しばらくして頚椎の痛みなど後遺症が生じた場合の賠償責任や慰謝料はどうすればいいのかですがそのための法律手続きはどうするべきなのかなどのアドバイスを受けましょう。

また被害者だけではなく慰謝料が高すぎるなどの加害者からの相談も増えているようです。弁護士に相談するという方法もありますので適宜に応じて使い分けるのがよいのではないでしょうか。

交通事故は被害者にも加害者にとっても話し合いの中間の存在が必要となりますのでそれに伴い適切な判断が求められます。

交通事故関連

交通事故慰謝料の事例について

交通事故を起こして相手にケガなどの損害を負わせてしまった場合、交通事故慰謝料を払うことになります。

交通事故慰謝料といっても、精神的な苦痛に対するだけではなく、治療費用、入院費、通院費、休業損害、などを合わせて、事例に応じて支払うことになります。入通院慰謝料は、事故の怪我で入院や通院をする必要性が生じた場合に、被害者が負ってしまった肉体的、精神的な損害を請求するためのものです。

休業損害は事故で負った負傷の影響で、仕事ができない期間に得るはずだった利益を補償するものです。

怪我の後遺症が残った場合には、持続する痛みや外見の変化、生活への悪影響が残ってしまった場合に支払う後遺障害慰謝料というものもあります。

基準が設けられている交通事故慰謝料

交通事故の慰謝料を交渉する際に気になることとしては、どの基準で設定されるかでしょう。多くの人が少しでも多い金額をもらいたいと思っているかと思います。そうした場合において、加害者側との交通事故慰謝料の交渉がいかに大切になるかが分かるかと思います。

加害者側は保険会社の対応になりますので、交渉のプロになります。交渉がなんこうするのであれば、交通事故弁護士に依頼するのが良いでしょう。依頼者の代わりに慰謝料の交渉をおこなってくださいますし、一番高い基準での弁護士基準で交渉をおこなってくださる事例も多くあります。

交通事故慰謝料を相談する

はじめて交通事故にあった人においては、交通事故の知識がないような人が大半でしょう。それでも対応する事は可能ですが、多くの人が不安や疑問を感じていることと思います。交通事故慰謝料を相談する場合においてはホームページで探すことで、さまざまな機関や法律家などを探し当てることができます。

多くのところが対応をおこなってくださいますので、さまざまな助言や事例などを聞くことができるでしょう。無料での交通事故の相談をおこなわれているところもありますので、まずはそのようなサービスから利用してみるのが良いでしょう。

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金