弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

債務整理相談

借金問題でどうすればいいのか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

厳しい取り立て問題や、膨らみ続ける利子など、借金に関する事を弁護士や司法書士に相談することが可能です。

借金問題には債務整理という方法があり、取り立てがこなくなり、借金がゼロになる事や、返済方法について、相談し返済方法を毛核的に見直すことも可能ですが、いろいろと手続きや相手方との交渉などもあるため、弁護士に相談して続きを進めてもらう方法があります。

債務整理の種類とそれぞれのメリットデメリット

債務整理には、過払い金請求、任意整理、個人再生、自己破綻があります。過払い金請求は、払いすぎた利息を取り戻すことです。メリットは過払い金が戻ること、デメリットは専門家を介さないと手間や時間がかかることです。

任意整理は、利息分をカットし無理のない分割での返済計画を立てることです。メリットは将来利息のカット、デメリットは数年間ローンなどが組めなくなることです。個人再生は、裁判を通じて借金減額を行うことです。メリットは借金の大幅な減額が可能なこと、デメリットは利用の条件が厳しいことです。自己破綻は、破綻の申し立てをすることです。メリットは借金の免除、デメリットは財産を手放す必要があることです。

債務整理はこんなもの

債務整理は弁護士に依頼すると弁護士が代理人として、金融機関に返済交渉をしてくれます。任意整理で返済希望の場合は3年(36回)払いか、場合によっては5年(60回)払いになる事もあります。

しかし依頼すると新たにクレジットカード、消費者金融に借入がしばらくは出来なくなります。任意整理以外には裁判所で特定調停の申し立てをする事も可能です。特定調停は手間がかかります。裁判所で申し立てして、約2、3週間後位に裁判所で調停委員と話をしてからその後に数回に裁判所で調停委員と話をしてから和解となった場合は返済がスタートします。

債務整理には様々な方法がある

負債が膨らんでしまい返し切れない時は気持ちも暗くなりがちです。そんな時に行う債務整理にはネガティブなイメージが付きまとうかもしれません。債権者にとってもメリットがあり、双方にとって良いことだとも考えることができます。

債務整理の方法は4つあり、一部負債と金利の減免をする任意整理、任意整理より高額の債務の減免を行う個人再生、債務を完全に免責する自己破産、裁判所の仲介で和解し減額する任意調停などがあります。債務の大きさや状況によってどう解決していくか、専門家に相談してご自身に合った良い方法を見つけてください。

債務整理の種類とその内容

債務整理は一言でいうと、借金問題を弁護士に依頼することによって、借金問題の解決及び将来利息の減額等を実現するための法的手段の事を指します。債務整理の手続きには、任意整理や個人再生、自己破産など種類が複数あります。

さらに特定調停という、債務者と債権者の話し合いを裁判所が仲裁し、返済方法などを合意させるように働きかける方法を含めて、四つの手続きと説明することもあります。任意整理は裁判所を通さずに行える負担の軽い手続きなのに対し、自己破産は、自分の財産がなくなってしまう負担の重い手続きです。決断すべき基準は、借金額が収入の三分の一以上になった場合と言えます。