弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 弁護士 大阪 > 弁護士なら民事訴訟や刑事訴訟も

弁護士なら民事訴訟や刑事訴訟も

弁護士は法律のプロフェッショナルです!
身近に起こる問題や、大きな事件に至るまで、法律に関する問題なら弁護士に相談してみよう!弁護士なら民事訴訟や刑事訴訟などの裁判も手助けしてくれます。

弁護士と言えば、私たちの普段の生活にあまり関わりはないかもしれませんが、身近な事でも法律に関する事であれば、気軽に相談する事ができます。

弁護士に依頼したい契約書作成

滅多にない事だと思いますが、ビジネスなどで大きな取引をする時などにはトラブルになってしまうという事も全くない事ではありません。

その様な時の事を考えて契約書を作成してサインをする事で、きちんと契約を結んでおくという事もある様です。その際に自分で勝手に作った契約書では大事な項目が抜けてしまっているという事も考えられます。

そこで、法律に詳しい弁護士に契約書作成の代行を依頼する事もできます。弁護士ほど法律を知り尽くしている人もあまりいないかと思います。弁護士に作成してもらった書類であれば、きっと重要な項目をしっかりと盛り込む事ができるかと思います。

契約書など法的に大事な書類を作る時には法律家に代行を依頼したいですね。

顧客にとって利用しやすくなった弁護士

昔に比べたら弁護士に対する印象は少し変化したのではないでしょうか。昔に比べると親しみやすい印象になりつつあるみたいですね。

近年の傾向としては口コミで選ばれる傾向にあります。弁護士としてきちんと仕事をしてくれるというだけではなくて、対応もしっかりとしてくれるという所が選ばれる傾向にあります。

インターネットを通じて口コミはすぐに広がりますので、サービス面の改善を目指している企業が多い様ですね。ホームページや広告においても、相談しやすい雰囲気にしている事務所が多い様に思います。

そして、顧客の立場に立ってサービスを改善し、利用しやすくしようとしている企業は多いみたいですね。

弁護士の選び方について

相続や離婚など法律が絡む問題にぶつかったとき、どこの法律事務所へ依頼をしたらいいのかわからないという人も多いでしょう。一般的には、ネットで近くの法律相談所を探したり、弁護士会や法テラスを通じて調べるという方がほとんどのようです。

依頼料はもちろんのこと、相談する弁護士との相性や過去にも同じような事案を取り扱ったことがあるかという部分も重要なポイントとなります。相談したからといって必ず依頼をしなければいけない訳ではありませんし、着手後に担当者を変えてもらうことも可能です。しかし、着手金など余計な費用がかかってしまいますし、依頼内容や状況を説明し直さなければならないので、しっかり吟味しましょう。

現代の弁護士の職務と役割

現代の弁護士の職務は、広範囲に広がっているといえるでしょう。法律事務所を通じての民事訴訟では、原告や被告などの訴訟代理人として、主張や立証活動を行います。また、破産などの債務整理、会社更生法の申請などの法的倒産処理といった手続きを進めます。

そのほか、当事者間で示談が進まない場合にアドバイスやサポートをします。刑事訴訟の場合には、被告人の正当性や潔白を主張、あるいは適切な量刑が受けられるように弁護を行います。裁判所での弁護だけでなく、不起訴を目的とした示談交渉や保釈請求をしたり、拘留あるいは服役中の被疑者や被告人と外部の連絡人役をすることもあります。

千葉地方裁判所・千葉家庭裁判所

http://www.courts.go.jp/chiba/

〒260-0013
千葉県千葉市中央区中央4-11-27

JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分
京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分

弁護士、法律事務所関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金