弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 訴訟肝炎 > B型肝炎訴訟 > 弁護士に相談したいB型肝炎訴訟

弁護士に相談したいB型肝炎訴訟

幼少期に予防接種を受けたことでB型肝炎ウイルスに持続感染してしまった場合、国に対して給付を求めることができます。ただし、その手続きは一般人にとっては簡単なことではないため、早めに弁護士のアドバイスを受けることが欠かせません。

ここで重要なのは、B型肝炎訴訟に詳しい弁護士を探すことです。

弁護士によって、得意としている訴訟が異なります。B型肝炎ウイルスに感染した人全員が給付金の対象になるわけではないのです。B型肝炎給付金をもらうためにはいくつかの要件を満たしている必要があります。

B型肝炎訴訟に詳しい弁護士に相談して、自分が要件を満たすかを確認することが大切です。

知られざるB型肝炎給付金の対象者

ご自身がB型肝炎給付金の受給対象者かどうか、はっきりとお分かりでしょうか。給付金の対象者は、感染者だけではありません。昭和のある時期では集団予防接種を受ける際に注射器が使い回されていたことによってB型肝炎に感染してしまい、その方が子供を産んで母子感染してしまった方、さらにこれらの相続人とされています。推定受給対象者は45万人と言われ、実際に受給した方は3万人程度、1割にも満たない状況です。

こうした背景から、B型肝炎給付金の請求期限が平成29年1月12日から平成34年1月12日に延長されました。ご両親、ご祖父母様がB型肝炎だったか、給付金対象者かどうか、調べてみてはいかがでしょうか。

B型肝炎訴訟の概要について

予防接種を幼少期に受けた経験がある方が多いと思いますが、使用した注射器の使い回しのせいでB型肝炎ウイルスに感染してしまった人々が、国に対して訴訟を起こしました。この訴訟にはB型肝炎訴訟と名前がついており、和解協議を進めた結果、国と原告が「基本合意書」及び「基本合意書の運用」について書かれた覚書を締結しました。

これにより基本的な合意に至ったわけですが、注射器の使い回しによるB型肝炎の感染者は、最大で40万人とも言われており、さらには母子感染した患者さんもいるようです。国から賠償金が支給されるケースもありますので、思い当たる方は一度調べてみると良いかもしれません。

B型肝炎給付金訴訟の際の留意点

厚生労働省では、予防接種が原因でB型肝炎に感染した人に対してB型肝炎給付金を支給しています。

しかし、B型肝炎給付金を受け取るには条件を複数クリアしていないといけません。まず、原因が注射器の連続使用によるものです。給付を受けるには、B型肝炎の原因が7歳までに受けた集団予防接種で使われた注射器の連続使用でなければなりません。この衛生管理不行き届きについては国が責任を認めているからです。

他に原因がある場合は給付が認められません。次に今も感染していること現時点で感染が確認できる必要があります。そして国家賠償訴訟を起こすこと裁判で上記の証拠が認められる必要があります。

B型肝炎における対処方法

集団予防接種による注射針の使い回しが原因で、B型肝炎ウイルスに感染してしまった人が数十万人いるといわれています。集団訴訟がおこなわれたことによって、国から給付金をもらえるようになりました。

もらえる人は子どもの頃に集団予防接種によってB型肝炎ウイルスに感染した人と、二次感染してしまった人です。しかし、簡単にもらえるわけではなく、書類を揃えて裁判所に申し立てをしなければなりません。自分一人でおこなうのはかなりハードルが高くなりますので、弁護士に相談した方が良いでしょう。裁判所に認められれば、給付金をもらうことができます。

B型肝炎の特徴と注意点

B型肝炎は、放っておくと慢性肝炎、肝硬変、肝がんと悪化し、死に至る可能性がある病気です。以前はウイルスが発見されていなかったので治療法が確立していませんでしたが、現在は治癒率の高い薬が開発されつつあります。

この病気は血液を介して感染するため、かつて検査体制が確立されていない時期に輸血を介して母子感染することがありました。さらに厄介なのは、幼少期の予防接種での注射器や注射針使い回しによって感染することもありました。この場合、「B型肝炎訴訟」を起こすことにより、50万から3600万円の給付金が貰える可能性があります。

B型肝炎訴訟とB型肝炎給付金関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金