弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 離婚相談

離婚相談

離婚問題はとても複雑で、法律でのみ解決するという訳ではありません。

精神的な面の問題も多く、的確な判断ができない状態であったり、精神的な面での話し合いは難しいところも多く、交渉が難航することもあります。

また、離婚する理由は人それぞれのため、お互いが理解し納得をした離婚を行うのに、困難な状態であれば、弁護に依頼することをお勧めします。

お互いが離婚に対して合意していたとしても、金銭的な問題での合意や親権問題、養育費の支払いなどがあり、親身になって相談してくれる弁護士を選びましょう。

大阪で弁護士事務所を探すなら「弁護士 大阪」でググりましょう。

手続きは弁護士に任せる事ができる離婚

一般的に離婚届けを提出すると、法的に離婚が成立すると言われていますが、相手が書類にサインをしないなど、どうやっても離婚が思い通りに進まないという事もあるかと思います。

そんな時には弁護士がいると、いろんなお手伝いをしてくれます。離婚の法的な手続きは弁護士にお任せする事ができますので自分は手続きについて悩む必要はなく、離婚の問題とじっくり向き合う事ができるでしょう。

また。弁護士は事務的に手続きを行うだけでなく、時には話を聞いてくれて、相談役を引き受けてくれます。離婚弁護士はメンタルにおいても支えになる事があります。

相談できる人が身近にいないという人にとって弁護士は特に重要な存在となる事でしょう。

離婚における探偵と弁護士

相手の浮気が原因で離婚に至る場合には、弁護士のみならず探偵にもお世話になる事もあるようです。

離婚が難しい場合、裁判も視野に入れているのであれば、探偵と弁護士の両方を活用するといいでしょう。

裁判では弁護士は代理人として発言をしてくれますが、その前に探偵が浮気の証拠を用意していると、離婚が成立しやすくなる事もあるでしょう。

相手が浮気をしていると弁護士に訴えても、客観的に証明できれば、事情は違ってきます。離婚となった場合にも、慰謝料の金額などにおいて差が出てくる事もあるでしょう。

動かぬ証拠を手に持って弁護士の元を訪れると、自分が希望する方向で離婚しやすいのではないでしょうか。

離婚相談として挙げられる年金分割とは

数多くある離婚相談のひとつに「年金分割」というものがあります。年金分割とは婚姻期間中の夫婦が支払ってきた厚生年金あるいは共済年金を決められた割合に従って分割することを意味しています。

この時気をつけなければならない注意点が大まかに分けて4つあります。1つ目の注意点は定められた期間は婚姻期間中であること、2つ目の注意点は支払った分が分割の対象は厚生年金か共済年金の部分だけであること、3つ目の注意点は滞納していたら金額は少ないということ、そして最後の4つ目の注意点は離婚後2年が経過したら無効となることです。

この制度は非常に複雑なため、離婚相談では手続きの流れや対象者等の解説が求められることが多くあります。

離婚相談をすると人生変わることもある

離婚をするか、辞めるか考えている時には、離婚相談を利用してみるのが良いとされています。相手が浮気などの悪い事をした場合には、浮気を辞めさせて、厚生する事を促す事も出来ますし、逆に、完全に愛想が尽きてしまった時になども、トラブルの無いように離婚が出来る方法も相談になってくれるのです。

どちらにしても、離婚をしてしまうか、それともそのまま結婚生活を続けるかの判断は、夫婦で決めるのですから、離婚をしてしまってからでは、遅いという事になり、自分の人生が変わってしまうのです。

手遅れになる前に、離婚相談をして、良いアドバイスを受ける事で自分の人生が変わるのです。

弁護士関連

MENU

TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金