弁護士With 京都、大阪

弁護士は個人の問題だけでなく会社の問題や地域の問題なども相談できます。

TOP > 遺言書作成 > 遺言書作成を依頼するとお金は?

遺言書作成を依頼するとお金は?

遺言書作成を間違いがないように、後からトラブルにならないように作成したいと思っているのでしたらやはり弁護士かもしくは司法書士に依頼するのが一番です。作成のプロですので間違っても無効になるような遺言書を作成したりはしません。

また作成が完了したらそのまま保管がオプションになっている事務所が多いので、途中で亡くなったり誰かに改ざんされてしまうという心配もしなくていいです。依頼する時に持って行った方がいいものとしては相続権利の人一覧があるのでしたらそちら、後は財産目録などがあるとなおいいです。財産目録までといかなくてもどういったものがあるのかくらいは書いてもっていった方がスムーズです

遺言書作成に必要な知識

遺言書作成には最低限必要なルールがあり、それを満たしていなければせっかくの遺言書も無効となります。遺言の内容、日付、著名はすべて自著である必要があります。日付は必ず記載する、著名・押印も忘れずに行います。訂正する際も決まりがあるので注意が必要です。

あいまいな表現や、具体性に欠ける表現は避けます。不動産の場合は、登記簿謄本の通りに所在地や地番などまで正確に、預貯金は金融機関の支店名、預貯金の種類や口座番号まで明記します。遺言書作成の際には専門家の知識を借りるのがベターです。弁護士に依頼するのが一般的ですが、司法書士や行政書士に依頼する方もいます。

遺言書作成にはルールがあります

遺言書は、亡くなった方が最後に残す事ができるメッセージです。自分の財産などを誰に相続させるかなどを決める事ができます。遺言書作成をしていなかったせいで、残された家族が遺産分割をめぐりバラバラになってしまうこともあります。ですので、遺言書は必ず作成しておくようにしてください。

遺言書作成において、法律で定められたいくつかのルールがあります。とても簡単なルールばかりですが、守られていない場合は遺言書の存在自体が無効になってしまうこともありますので注意が必要です。遺言書を作成した場合は、弁護士などに確認してもらうのも良いです。

気をつけて遺言書作成する

はじめて遺言書作成するような人においては、基本的なことがわからずにあたふたしているようなケースもめずらしくはないでしょう。そうした場合においては、専門家や法律家などに作成の相談を載ってもらうことで、一から正確な情報を知ることができるでしょう。

巷には市販の本やキットがありますので、自分で作成することも可能になりますが、間違えてしまった場合には無効になってしまいますし、人によって遺産や相続人の状況は違いますので、そうしたことを念頭においた上で相談がおこなえた方がいいでしょう。しっかりと意味合いを理解し、遺言書の作成に当たりましょう。

終活をするなら遺言書作成

終活は自分の人生の終わりを良くするために、前もって準備をすることです。自分のエンディングを決めることと同時に遺族に対しても迷惑をかけないようにするために準備をしていきます。

終活で一番重要なのが遺言書作成で、故人の方が遺族に対し最後に残せるメッセージとなっているので、意思表示をきちんと行い、誰に何を相続するのかを明確しておくことで、遺産分与を円滑に進めることができます。遺言書はルールが法律によって定められているので、法的拘束力を持つのできちんと内容を精査する必要があり、とても時間のかかる終活となっています。

大阪で遺産分割協議、遺留分、遺言書作成、相続手続きの相談なら

大阪弁護士会所属 弁護士たちばな総合法律事務所大阪

〒543-0001 大阪府大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル2階

大阪市営地下鉄谷町九丁目駅 徒歩5分

近鉄大阪線大阪上本町駅駅 徒歩3分

受付時間:月~金/9:00~17:00
TEL:06-6770-7212

https://www.law-tachibana.jp/ 【HP】

遺言書作成関連

MENU

弁護士With TOP 交通事故弁護士 交通事故相談 交通事故慰謝料 遺言書作成 債務整理 弁護士 B型肝炎訴訟 過払い請求 自己破産 離婚相談 浮気による離婚の慰謝料

弁護士への相談

交通事故が起こった時は

弁護士の仕事

遺言書作成

債務整理、過払い請求

離婚

弁護士について

B型肝炎訴訟と給付金